« やっと日本産牛乳を入手しました。 | トップページ | モスで1ドル(13円)に救われる!? »

2008年10月12日 (日)

香港のナンバープレート

金曜日に車で深圳に行って来ました。これまで、列車やバスで深圳の国境を何度も越えてきましたが、同じ車でそのまま国境を越えたのは初めてでした。車に乗ったまま、香港側・中国側のイミグレでパスポート(香港側ではIDカードも)を渡し、係官が車の中を覗くようにしながら本人確認を行います。車の中を徹底的に調べられるのかと思ったら、意外と簡単だったので拍子抜けでした。ほとんどドライブスルー感覚ですね。

1,400万都市、深圳の目的地は中心部の皇崗に近かったため、本来であれば皇崗のイミグレを抜ければ早かったと思いますが、乗った車が「皇崗を通れず、深圳湾(西側)だけを通れる車」だったため、遠まわりせざるを得ませんでした。皇崗のイミグレは混雑するため、交通量を制限しているそうですよ。

深圳への行き帰りに、香港側で面白いナンバープレートの車を2台見かけました。通常、香港のナンバープレートは6桁で、最初の2桁はアルファベット、後ろの4桁は数字になっているのですが、一つは"HSBC1"という車でした。7人乗りのボックスカーで、もしかするとHSBCの香港トップの専用車だったのかも知れません。もう一つは"4"というナンバーの車で、こちらはロールスロイスのオープンカーでした。きっちりした英国風の身なりの運転手が、助手席に品の良さそうな年配の男性を、さらに後部座席にはさらに品の良さそうな年配の女性を乗せて走っていました。番号からして、政府高官か大富豪の車と思われますが、一日に二度もこのような車を目撃できたのは、ついていたのかも知れませんね。

|

« やっと日本産牛乳を入手しました。 | トップページ | モスで1ドル(13円)に救われる!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港のナンバープレート:

« やっと日本産牛乳を入手しました。 | トップページ | モスで1ドル(13円)に救われる!? »