« 香港セブンス | トップページ | 早稲田にまたしても試練。 »

2008年12月 7日 (日)

負けに偶然の負け無し~早明戦でまさかの敗北

香港に駐在しているため、今年の早稲田の試合をテレビで見るのは今日が初めてでした(NHKの総合かBSでなければ見られない)が、その印象は「数年でここまで変わってしまったのか!」と言うものでした。スクラムは安定せず、コラプシングを取られるは、明治陣ゴール前の明治反則でスクラムを選択したのは良いが、結果は敢え無くターンオーバー(帝京戦でも同じようなシーンがあったと聞きます)。シーズンが深まった今、まだ1番と4番が合わないのでしょうか。ブレイクダウンの攻防は守勢で、明治の個々の当たりの強さに防戦一方。マイボールのラックも球出しが遅れ不安定。たまに誰かが突破し前進しても、フォローが全くなく明治ディフェンスのほうが先に集まるのでターンオーバーorノットリリースの反則。ディフェンスラインは、テレビのアップ画面でもギャップが分かる状況で、タックルも甘いため何度も明治フランカーの縦突破を許しました。ゴールキックも全く決まらず。おまけに、ポロポロポロポロ、チャンスでボールを落とすこと落とすこと。お菓子を食べてる子どもじゃないんだから。明治にボールをキープされると、最早打つ手なし。個々の能力が高くとも、ボールをキープ出来る選手がいない。突破出来る選手がいない。組織としても機能していない。「負けに必然の負け無し」なのであれば、この敗戦は必然と言うことになります。最後に2トライを返したところは流石、個々の能力の高さを示しましたが、今季2勝しかしていない明治に同点で終わるぐらいなら、負けるほうが遥かに得るところがあると言えましょう。

明日、ホームページでどのような戦評が出るか興味がありますが、少なくとも「今日は気持ちで負けていた」というような発言だけは勘弁して欲しいものです。気持ちで負けたのならば、それは監督・主将・4年生の問題と言えます。前半終了後、中竹監督が「チャレンジャーの気持ちを持って」と発言されていましたが、早稲田はチャレンジャーなのでしょうか? そうではないでしょう。ディフェンディング・チャンピオンなのですから、「何やってるんだ! 蹴散らして来い!」ぐらいの気合いを示して欲しかった。早稲田がトヨタを破った試合の前、トヨタの監督が「チャレンジャーとしての気持ちを植え付けて」と発言されていたことを思い返してしまいました(チャレンジャーは早稲田であって、トヨタである筈がない)。残念ながら、既に大学選手権の出場権もなく、今シーズン最後の試合となった明治に明らかに気持ちで負けていたように思われます。「今日は勝敗よりも内容を問いたい」と試合前に中竹監督がおっしゃっていたようですが、負けて内容があろうはずもありません。明治戦前に、明治戦に向けた分析・作戦を練った形跡は少なくとも試合からは見られませんでした。それどころか、己の正確な分析も出来ていないのでは、と思わざるを得ません。

帝京戦の失敗を繰り返してしまった早稲田。帝京戦敗戦は「実力を出せないまま負けた」ような印象を持っていましたが、どうやら「負けに偶然の負け無し」のようです。数年前からFWの不安がありましたが、1列・2列が大きく入れ替わる来年の不安が一層つのります。終わりの始まり、でないことを切に祈っておりますが、少なくとも今年の大学選手権はかなり厳しいと言わざるを得ません。「修正」で済むような問題ならばよいのですが。

来年以降の第一列は悩みの種になりそうですが、有田選手の走力・キープ力を活かすのに本当にフッカーでよいのかどうか。運動能力とラグビー嗅覚が極めて高い有田選手とは言え、大学に入ってからのコンバートで専門職のフッカーを務めるのは少々荷が重そうな気もします。試合中目立たない両プロップ。スクラムで手いっぱいか!? あの走力溢れる瀧澤選手はどこへ!? 両ロックも突破の場面がほとんど見られませんでした。タックルに来た選手を引きずり、なお倒れないような力強さとキープ力を見せて欲しい。プロップ・ロックともに、ブレイクダウンで激しい当たりを見せて欲しい。両フランカーは「狂気」を受け継いでいたかどうか。SH(スタメン)の球捌きには何故か違和感を覚えます。SOの判断・ゲームコントロール能力は、こんなものではないはず。FBはどうしても五郎丸選手のレベルを要求してしまいますが、攻守ともにもっと核になって欲しい。全体として、組織として負けていただけでなく、個々でも明治に負けていた。シーズン後半の状況としては非常に深刻です。

一方の明治は、これが2勝しかしていないチームか!と目を疑う素晴らしい出来で、組んでよし、当たってよし、集散よし、ディフェンスよし、そして何よりも気持ちのこもったプレーを最後まで切らさなかった点は賞賛に値します。縦突進を見せたかと思えば、バックスに横展開。何でこんなプレーをシーズン最初から見せられなかったのか。見せられていれば、少なくとも年末までは充分に今シーズンを続行することが出来た筈で、残念でなりません。エリア・タイムマネジメントともに冷静で、早稲田に付け入る隙を与えませんでした。気持ちだけでここまで変わるとは思えませんが、最後の最後でこれまでの低迷から脱出する糸口を見つけることが出来たかどうか。入部する選手の実績は大学随一だけに、来シーズンどのような変化を見せてくれるか今から楽しみです。ガラガラの早明戦など、見たくありませんからねえ。

|

« 香港セブンス | トップページ | 早稲田にまたしても試練。 »

コメント

ラグビーは、ハートの有無が素人にも伝わってくるところが好きです。
去年の選手権、早稲田に対して中央が種々の工夫をして挑んできた姿。実力差から負けて当然の試合でも、ラグビーである以上、あのような(点差は結果的についていたにせよ)、観客に対するアピールが出せるのが本当だと思います。ハートがあるなら。

今期はそれもない。
タレントが減っているのはしょうがないとしても。

放送でしか観ていませんが、今期リーグ戦優勝校の選手、監督には真摯な姿勢を感じました。一般にラグビーを観る事を好む者が望むものを。

今期の主将と同期で、諸岡選手の様な人間がいたら・・・監督で云々・・・と言いたくなるのですが、対抗戦の経験を全き無駄にするもしないも彼らに「まだ」かかっているのですから、年末年始(私もまず年は越せないと思います、というか今年は下手に勝たない方が今後を考えるといい気も・・・この方向性の心情は早稲田ファンは今期持ちがちと思う)の彼らの生き様を観て生きたいと思います。

ああ。
何という試合か。
結構おいしいお酒が呑めてしまったんですけどねw

投稿: 三等 | 2008年12月 7日 (日) 23時42分

確かに自分自身の評価が客観的に把握できていないように思います。 相手にとって怖いのは守備重視のワセダではなく何を仕掛けてくるか分からない組織的かつ攻撃的でスピーディーなワセダだと思うのですが・・・・・
 相手陣地で反則を得たら、ラインアウト選択でテンポを落とすより、タップからの早い攻めで相手を振り回しにかかる方が得策と一度もプレー経験のないド素人には感ぜられました。
それにしても残念無念。。。。。 
 

投稿: lucky house | 2008年12月 7日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けに偶然の負け無し~早明戦でまさかの敗北:

» オーダー情報 12/8 東京 [ご本尊は日足MACDっ、、痴話ばなし ]
ペタリっ 東京時間だ じゃまた〜〜 [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 16時28分

» オーダー情報 5/7 東京 [ご本尊は日足MACDっ、、痴話ばなし ]
ペタリっ 東京時間だっ 本邦翌朝未明発表のストレステストの結果についての話題で もちきりです、、まるで今夜が天王山みたいなけど、、 ふっ 相場の展開はもう読めてますね〜 これまでの指標発表手法、つまり、なるだけマーケットに衝撃を 与えない....... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 16時32分

« 香港セブンス | トップページ | 早稲田にまたしても試練。 »